East Meet East(イーストミートイースト)で出会ってきた話

まえがき

アメリカ生活をはじめ今もうすぐ一年が過ぎようとしています。

最近はもっぱら仕事、遊び、勉強、ブログという4つを軸に忙しさをたのしんでいます。

*最近研修仲間とワインの観光地ナパへ

 

研修についてはこちらから海外農業研修(インターン)に挑戦!

そんななかふと思いました。なにか足りていないと。(いつも同じ環境にいるとこういう風に思う癖があります。)

 

やはりアメリカに住んでいるからにはアメリカの人と

出会いたい!交流を持ちたい!出会いたい!

こんな風に思っている人は少なくないかと思います。

 

自分もそんなことを思いつつも仕事にふけていたころ、なんとなくYoutubeを見ていると

”北米限定(アメリカ)のマッチングアプリEast Meet East(イーストミートイースト)” などとと謳う広告を発見!

ちなみにYOUTUBEではこんな感じ

*日本ではこの広告見たことないので北米限定(アメリカ)で配信されていると思われます。

 

最初はやかましいな~と思っていたのですが、気づいてみるとEastMeetEast(イーストミートイースト)を入れていました。

 

まあ経緯としては、毎日毎日仕事尽くしで出会いもないし、語学も伸びない(限度があると自分では感じた。)

 

ここで不安になってきました。何をしにきたのだと!これだけではないだろうと!

 

そこで英語もしっかり勉強しようと考えたのだが英語の勉強を家でするくらいだったら日本でもできるし面白くない、アメリカににいる意味がない!

とふと考えたとき、おのずと答えは見えていました。

 

そうそれがマッチングアプリEastMeetEast(イーストミートイースト)との出会いでした。

 

日本ではまだまだ”出会い系アプリ”と聞くといかがわしいイメージですが、こちらでは全然違います。ある記事ではアメリカで結婚したカップルの3組に1組がアプリからの出会いだったりもするそうです。

こんな記事もhttp://www.afpbb.com/articles/-/2947797

 

日本でも最近流行っている、TINDER、PAIRSなどいろいろな種類の出会い系アプリがここ最近誕生しています。

その中でも北米在住のアジア人向けマッチングアプリがEastMeetEast(イーストミートイースト)です。

 

*ちなみにいままで自分は4つほど出会い系アプリを使い、出会った人数は6人になりました。 (暇があればほかも記事に)

 

まあそんなこんなで下手にオンラインの英語の教材買ったりするくらいだったら交流もできるし、勉強にもなるし、なおかつせっかくアメリカにいるので外国人の方とデート出来たら楽しいかなという純粋な理由でした。

 

まあ前置きはおいといて

北米(アメリカなど)に1度は住んだことがある、訪れたことのある人は絶対1度はyoutubeの広告で目にしたことがあるでしょう。

そうこの出会い系アプリEastMeetEast(イーストミートイースト)

 

今回はこのアプリを3か月ほど使ってみて分かった、このアプリの

 

特徴、値段(有料・無料)、年齢層、攻略法、出会った感想、これから使う人へ、出会い系アプリ頻出英単語、

 

などを根掘り葉掘り記していこうと思います。

 

結果から言うと3人の女性と出会ってきました。

 

ちなみに公式サイトはこちらhttps://www.eastmeeteast.com/

EastMeetEast(イーストミートイースト)の特徴

 

まずこのアプリの一番の特徴は北米在住(アメリカ)の

アジア人向け社会人婚活サービスです。

とはいってもCaucasians(白人)ラテン系のかたなどいろいろな人種の方がいます。

そしてこのイーストミートイーストの面白いところはアメリカならではの

人種、言語、移民ステータスなどを乗っけることにより相応しい相手を効率良く探せる仕組みになっております。

 

日本ではこのような人種、移民ステータスなどを気にすることは全くと言っていいほどないですが、海外ではいろいろな背景の方がいるので、このようにして探すことができるのはとても魅力的なポイントかと思います。

 

実はこのアプリ、アジア人向けの出会い系アプリがないなと気づいた日本人チームが制作しました。

ちなみに50万$ほど調達したそうです。

こんな感じ

料金

女性 無料

男性 1か月  35$

   3か月  70$

   6か月  200$

   12か月 140$

少し高めと思う人もいるかと思いますが、オンライン英会話とかでも月5000円くらいは優に超えるのでその点を考えるとはるかに安いと思います。

チャットするだけでも勉強になるしなお実践的な英語を学ぶことができると思います。

年齢層と対象

平均年齢は比較的高めとなっています。(もちろん婚活アプリのため)

*この時点で20代にもなったばかりのガキが参戦するのはおかしな話ではありますが、蓋を開けてみると自分より若い女性の方も何人か見かけました。

このアプリを使い何十人もの女性とチャットをしてきましたが皆、結婚も考えた長い付き合いを探している方が多くいます。(LONG-TERM RELATIONSHIP)といわれるやつです。

なので10代で使っているのはおかしいという感覚だったのでしょう。(こないだ20になりました。)

”君は若すぎるなんでイーストミートイーストを使っているんだい”

”君は私にドリンクさえも買えないじゃないか”

と何回もあしらわれました。(笑)

正直に言うと全然調べないで使い始めた僕はイーストミートイーストが婚活アプリだということは知らずただの出会い系アプリだと思っていました。(笑)

僕のような被害者を増やさないためにも、利用を考えている人はこのことを念頭に入れといたほうが良いかと思います。

なので対象としては真剣な出会いを探している方にはぴったりのアプリかと思います。

でももちろん若い人で友達などをさがしている人も多くいます。

ちなみに自分がいるアメリカ(サンフランシスコ)で50‐55の範囲で検索をかけてみるとだいたい20人くらいの女性がでてきました。

ここからもわかるように年齢層は幅広く上は55歳まで検索をかけられます。

ちなみに検索するとこのように表示される。

 

使う際のポイント

単刀直入にいうと日本人は自己アピール、自己主張が下手な人種だと自分は思っています。言語や文化の背景もありますが、ああだこおだいっても仕方がないのでこっちで学んだことをシェアしようと思います。

そこで自分が思う一番重要なポイントは

いかに自分をよく見せるか、不安材料を与えないか

の2つだと考えています。

全くかかわりのない人に興味を持って貰うのは正直にいってとても難しいことだと思います。

まず初めに実際に会ってはいないとはいえ、出会い系アプリでは写真で第一印象がきまります。言うまでもないですが写真写りのいいものを入れましょう。

こちらの人は特にしらない人でもすれ違いざまに笑顔をするほど笑顔にあふれています。笑顔はたよりなさも与えるといいますが、自分はバチバチに決めた顔より笑顔のほうが良いと思います。

実際に笑顔の時と真顔の時のマッチさを比較してみましたが笑顔のほうがマッチ率はかなり上がりました。

 

”君の笑顔が好きだからいいねしてみた”

なんて言ってくれた人もいました。(昔から笑顔には才能がありましたが)

 

あと分析してみた結果笑顔の時は笑顔がプロフィールの人と多くマッチ、

真顔の時はクール系な人とマッチしました。(気のせいかもしれませんが)

結局人は自分と似た犬などを選ぶように、自分に少し似た人を選ぶというのは正しいのかもしれません。

プロフィールなどで出身地などを書くのもいいですが、外国の人にどこどこの県出身だよと書いてもそんなの誰も知らないので、書くのであればもうTOKYO一択でいいかと思います。(偏見です。)

 

そして不安材料を与えないということですが、当然のような話ですが、オンラインなわけで見知らぬ人と会うわけです、もちろんみんな不安な気持ちは生まれます。

・会話が続かなかったらどうしよう

・怖い人だったらどうしよう

・あぶないおさそいとかだったらどうしよう

・誘拐とかされたらどうしよう

あげたらきりがありませんし、女性であれば男性よりも比較的不安材料は多くなると思います。(体格差などもあるため)(*一部ありません)

 

そこで大事になってくるのがいかに相手に安心させるか、不安材料を取り除くかです。

今回は自分がやってる方法を公開

1.インスタグラムなどSNSを乗っける。(これがあるだけでかなりの安心材料・なりすましなどである可能性が消えるため。)

2.少しでもいいから自己紹介欄に自分の事を書く。(空白よりましですし、共通点を見つけると人は親近感を持つといわれています。)

3.思いきってリアルな電話番号を載せてみる。(真剣な恋愛を探している方がおおいいので悪用される心配はほぼなし)

4.現地、観光地で撮ったことが分かるような写真にする。なりすましなどでないこともわかる。(結構これは安心材料になる)

このようにサンフランシスコに住んでいる人ならわかるJAPAN TOWNの塔(日本でいう渋谷のハチ公前)

 

ここら辺のポイントは抑えておいたほうが良いかと思われます。

 

おれ厳選押さえておきたいアプリ頻出略英単語

1、LTR(Long Term Relationship) 長い真剣な付き合い

2、NSA(No Strings Attached)面倒臭くない関係

3、FWB(Friends With Bnefits)利益ありきな関係

4、ONS(One Night Stand)一夜限りな関係

5、DTF(Down To Fuck)上記と似たような意味

6、LEP(Language Exchange Partner)勉強相手

7、420(マリファナの日)マリファナ歓迎の意

8、RBF (Resting Bitch Face)普通の顔が感じ悪い女 

*個人的に好きな略語

このほかにも腐る程、略語などはありますが今回は本当によく使われる8個を紹介

ちなみに最後のは一回だけしか見かけたことがありません。

出会い・別れそして感想

自分は18歳、20歳、25歳の女性のかたと今回このアプリを使い出会ってきましたが、新しい人に会うこと、新しいものが好きな僕にとってはとてもいい経験になりました。

 

出会い系アプリを使い始め、初めて会うとなったときはもう心臓もバクバクで英語も達者じゃないし、だれも知り合いいないし(遊びに行く前に同期に万が一のことを考え住所を送ったこともありました。笑)、どうなることかと思いましたが、慣れというのは怖いものですね。2人、3人と会っていくうちにだんだんそんなに緊張しなくなってきました。

それでもまだまだ緊張するし、怖いなと思う感情もありますが。

 

この3人の方はもう連絡は取っていませんが(一人には急に私彼氏できたのと言われ勝手に振られました。笑)こんなコミュニケーションも満足できるほどは取れない自分に時間を費やしてくれて遊んでくれたことには本当に感謝ですね。

そこで遊んで自分のできなさを自覚しばねにして自分は勉強しています。

なので前よりは英語力も上がったし人としても少し成長できたきがします。

 

これから使う人へ

日本では出会い系アプリは良いイメージがありませんがアメリカなど欧米諸国などではそんな偏見はありません。

むしろ自分にマッチするような人を簡単に探せるしより良いツールかと思います。

また出会い系アプリから勉強できるものは書ききれないほどあると自分は考えています。自分をいかにうまく売る、かなど。ここが下手と言われている日本人にとっては必要なアプリなのではないのかなとも思ったりしています。(笑)

自分も遊びに行って沢山失敗してきましたがその日は落ち込んでも今はなんともないです。

失敗しても時がたてば何事も思い出になると自分は考えているのでそういう精神で遊びに行くくらいでちょうどいいかなとも思ったりします。

最後に一言

MARKET YOURSELF!

 

コメントも気軽にどうぞ!

 

 

最新情報をチェック